題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

マイ・ベスト・フレンド (2015) [米] キャサリン・ハードウィック監督

子供時代からの大親友女二人組を描いた人間ドラマ。一方は不妊で苦しみ、一方はガンで苦しむ。二人とも、結婚して一般的な生活をしている。特に個性はない。

こうしたありふれた人間ドラマの場合には、映像が良いだとか、俳優が美形だとか、演技や演出が優れているだとか、音楽が良いだとかそういう映画の技術的な部分を問われる。

俳優の演技と演出は良いと思った。設定が単純なので、あとは細かい人間同士のやり取りを楽しむだけの作品だ。特に酷い部分もなく、期待通り予想通りの展開と結末。

まぁ、可もなく不可もない凡作と言ってしまえばそれまで。あえて言うならヤンキーの見本みたいな二人組が好みかどうかで評価の別れる作品のように思う。一方は多少地味目ではあるが、それでも日本人から見たら十分にただのヤンキーである。欧米人の感覚で言うとこれでも普通かもしれないが。

不妊でも死ぬわけではないので、深刻なのはガンの方である。このあたりの描き方もそれこそ星の数ほどは見たであろうテンプレ展開。髪の毛が抜けた、手術痕の酷さ、やけ酒、逃避行等々。

特に新鮮味のある展開を求めなければそれなりに楽しめる作品ではあるが、あえて時間を作ってまで観るほどの価値はない作品である。俳優などのファンであれば観てもいいかもしれないが。