読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st (2009) [日] 草川啓造監督

異世界の遺産「ジュエルシード」をめぐる争いを描いたファンタジーアニメーション。ゲームを原作としたテレビアニメ作品の劇場版である。小学生の女の子が主人公だが対象年齢層は高めだ。

いわゆるオタク向け作品であって、お子様向けではない。設定からして分かり辛く、いきなり戦闘が始まり意味不明だ。変身シーンがやたら長めの上に裸や下着が描写されるのもいかにもそれらしい。ただ、ヒロインは学校の制服も変身後の衣装もロングスカートで、この点アクション系作品にしては珍しい。

物語中盤から終盤にようやく設定の説明がなされて行くのだが、さすがに遅過ぎだろう。それまではヒロイン「なのは」も対立する少女「フェイト」も何の為に戦っているのか分からない。テレビシリーズの劇場版という事でいろいろ端折られているのだろうが、主人公の性格からして最後まで観ても結局分からず仕舞いなのは困ったものである。

そもそも本作の設定と物語を考えると主人公は「フェイト」であって「なのは」ではない。「フェイト」とその母親の物語だからである。これも中盤くらいまで見ないと理解出来ない構成になっているので非常に分かり辛い。あれ、「なのは」って別に居なくていいんじゃね?と思いながら見る事になるのである。

終盤、何だか分からないまま友情が結ばれて、ああこの為に居るのねって気付かされる。主人公の性格からして説明がないから友情どうこうなどやられても説得力があるはずもない。

「フェイト」を主人公として、(「なのは」含む)余計な人物を省いて考えれば意外とよく出来たストーリーだ。「フェイト」の母親の設定や物語も劇場版だからだろうが、だいぶ端折られてはいてもエッセンスは上手く抽出出来ていたと思う。「なのは」との友情などどうでもいいからこの部分をきちんと描けば更に良かったと思う。

テレビアニメの映画化作品特有の悪い部分も出ているが、テレビアニメを見ていないと全く理解出来ないというほど酷くはない。ぎりぎりのラインでまとめている感じだ。私自身も劇場版だけで一応理解出来た。

オタク向けと書いたが親子関係を描いた真面目なドラマである事も事実だ。しかし、殆ど普通の人はこの回りくどいオタク設定を理解するだけで感動より先に疲れてしまうだろう。