題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

アウトレイジ・ギャング (2013) [米] ジョルジョ・セラフィーニ監督

犯罪組織の用心棒の復讐劇を描くハードボイルド・アクション。という事だが、まさにこれだけ。これ以外に何があるのかというと何もない。有名俳優を売り物にした、一種のアイドル商品である。映像も妙な早回しが随所に入った安っぽい演出がハナに付く。

この種の復讐劇では、いかに主人公に共感出来るか、一緒に復讐したいと思わせるか、応援したくなるか、にかかっている。

しかし、本作は俳優人気に頼り切っている為、まず人物の魅力が描けていない。だから、そういった見方が出来ない。ただのギャング同士の抗争である。

 

アウトレイジ・ギャング [DVD]

アウトレイジ・ギャング [DVD]