題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ヤマノススメ セカンドシーズン

タイトルが示す通り、いわゆる「第二期」である。前作は一話5分枠だったのに対して本作は15分の上に2クールとなった。

予想した通り、単なるオタク向けアニメと化していた。予想したとはいえ、がっくりである。登山アニメとしては中途半端であり、登山初心者向けに分かり易い内容というわけでもなく、かといって登山にまつわるスキル各種の解説とか、長年の経験にまつわる知識の披露といったものもなく、誰もが知っているレベルのおざなりの山知識で終わっていた。

別に山に興味がある女の子が居てもかまわないが、それならそれで山に関心があるという事を示すようなエピソードを展開して欲しかった。しかし、物語の殆どは山と関係のない友情ドラマだったり、家族のドラマだったりしている。それぞれのドラマは決して悪くないのだが、山とどういう関係があるのか分からない。無理やりである。

やっぱり、「女の子が~」という部分が欲しかった。何故なら、本作はメインのキャラクターが全て女の子だからである。これで、そういった理由付けがないと何故ここまで女の子にこだわるのかという疑問に繋がる。

前作はこのあたりが上手く処理されていたと思う。主人公のインドア志向の原因とアウトドアへ関心が向うきっかけと過程が物凄く丁寧に分かり易く描かれていた。あくまで山は手段であって目的としては描かれてない。山登りは象徴的なものでそれ自体を描くドラマではなかった。だから、山に関する知識も特別こだわる必要性もなく物語として上手く行っていた。

しかし、本作の場合は、そういった主人公の心情の変化を描くドラマとはなっておらず、既に山登りをする事が当然となり、より難しい山に登る事が目的となっていた。かといって、登山アニメかというと、そうとも言えない。登山初心者向けの内容とも言えない。

女の子たちがコントをしながら山登りしているだけである。いったい何が描きたかったのか。前作が売れたから制作しましたといった「パート2」モノにありがちなパターンと感じた。

素直に感動できないのは、テーマとは関係のない事情による制作の思惑がどうしてもにじみ出てしまうからである。これは仕方の無い事かもしれないが、駄目なものは駄目だ。

作画も微妙な感じだった。時折、人物のデザインが変わる事があり、違和感があった。作画品質はテレビシリーズとしては十分だが、作画だけでどうこう言えるほどのものでもなかった。前作同様に見易く分かり易い絵柄は評価したい。

嫌な出来事や取り返しの付かない事件などは一切起らないぬるま湯に浸ったようなストーリーであり、これらを楽しむ作品である事は理解出来る。私もこれが好きだったと言えばそうかもしれない。しかし、2クール見終わっても印象的なエピソードがこれといって思い浮かびもしないというのもどうかと。

一つ気になったのは、「ここな」の貧乏演出である。他の女の子たちが異様に裕福だからバランスを取ったのかもしれないが、何故ここまで貧乏にこだわったのだろうか。