題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

それでも夜は明ける (2013) [米] スティーヴ・マックィーン監督

奴隷制度の残る時代のアメリカを舞台に人種差別の理不尽さを描く。

この種の差別批判の作品は無数にあるが、本作もその王道を行く内容。ひたすら惨い。映像の威力を改めて思い知る。文章だったらこうは行かないだろう。いかにも映画向きの内容である。

本作の主人公はもともと奴隷ではない黒人だが、無理やり拉致され奴隷として売られる。いやいや、もともと奴隷じゃないから駄目だって事でもないのだが、本作の設定としてはそうなっている。しかし、そんな主人公だから、奴隷はおかしいという発想も出て来る。最初から奴隷として生きているとそれが当たり前となってしまい反抗する意欲すら失われる。作中でも指摘されていたが、その通りだと思う。

やられるばかりでない主人公の言動が唯一の救いで、本作のストーリーを面白くしている部分でもある。ストーリーの展開自体に面白みはないが、やはりどうしても最後まで観てしまう作品である。そういう意味ではストーリーも悪くないと言えるかもしれない。