題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

リーガル・マインド 裏切りの法廷 (2013) [米] カレン・モンクリーフ監督

殺人事件を取り扱った法廷サスペンス。主人公の弁護士には剥奪された娘の親権を取り戻す為という設定もある。本編の殺人事件も簡単ではなく、途中からどんでん返しがある。いろいろ詰め込み過ぎの印象。弁護内容も当たり前のように証拠がずらずら出て来て主人公有利のまま進んで行く為、面白味はほとんどない。

主人公が優秀なのか単に運が良いだけなのか分からない。特別に苦労せず証拠が集まるので、応援する気にもならず、良い結果が得られても感動しない。

前半時点で思ってしまったのは、主人公の家庭の事情は要らないという事である。親しみを持たせる意味もあったのだろうが、本編の殺人事件と内容が分散してしまい、まとまりに欠けただけのように思う。

警察や検察の証拠ねつ造なども描かれるのだが、中盤でそれも無効化されてしまうので、結局何が言いたいのか良くわからない作品となったように思う。もっと簡単でいい。ひねり過ぎである。

 

リーガル・マインド~裏切りの法廷~(Blu-ray)

リーガル・マインド~裏切りの法廷~(Blu-ray)