読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

8月の家族たち (2013) [米] ジョン・ウェルズ監督

父親が失踪した事で集まった三姉妹と母親のやり取りを描いた家族ドラマ。

もともと舞台劇の為か、画面の動きが少なく、会話で進行して行く内容である。退屈させない意図もあるだろうが、人物たちの気性が激し過ぎのように思える。母親は病気だからで済むが、それ以外の人物たちはそういう理由もないのだから少し不自然である。

仲むつまじくではお話にならないというのは分かるが、最初から最後までひたすら仲の悪い家族を見せられるだけでは不快感しかない。

確かに舞台劇であればこのような盛り上がりがないと画面の変化が乏しいから見ている人が退屈してしまうのだろうが、本作は映画作品だからこのあたりはアレンジして、映像的に観られる演出をすれば良いと感じた。

というわけで内容的には今ひとつの作品だが俳優自体は悪くない。というより俳優が売りの作品だろう。登場俳優に興味があったりファンの人ならそれなりに楽しめるかもしれない。

 

8月の家族たち [Blu-ray]

8月の家族たち [Blu-ray]