題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

父の秘密 (2012) [メキシコ] ミシェル・フランコ監督

メキシコを舞台に父親と娘などの関係を描いた作品。主人公はどちらかというと娘の方かもしれない。序盤は父親がメインだが次第に娘の方のドラマとなって行く。

高校生の女の子だが、ある事をきっかけとして同級生たちからいじめを受けるようになる。本作品の半分以上いじめ行為を描いており、なかなか凄惨な内容である。

交通事故で妻を亡くした父親は仕事もうまく行かず、娘の変化にも対応出来ないというわけである。学校の先生や父親にいじめの実態を言い出せない女の子にもなんとなく共感出来る。

最後にはいじめの実態も明るみに出て終了となるわけだが、父親にしてみれば普通の制裁で済むわけがない。そこで過酷な私刑を課す事になるわけだが、通常やり過ぎと思うところ、本作の場合はそれまでの長々としたいじめシーンがあるだけに、全くそうは思わない。納得の私刑である。

ばっさりとした幕切れも演出としてキレが良く気持ちがいい。全般的に映像の出来は良く、観ていて退屈するシーンは少ない。俳優の演技も悪くない出来である。

父親と娘の関係を描くドラマかと思ったが、同級生たちの女の子へのいじめがメインの内容であり少し意表を突かれた。いじめに関しては既にいくらでも同じような作品があり新味はないが、映像と俳優の良さでそこそこ見られる作品となっている。

頑張って時間を割いて観るほどの作品ではないが、暇があったら観て損はない作品と言える。

 

父の秘密 [DVD]

父の秘密 [DVD]