題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

罪の手ざわり (2013) [中・日] ジャ・ジャンクー監督

実在の4つの事件をもとに現代中国の問題点を描いた群像ドラマ。らしいけれど、そうかね。なんか、ただ理不尽な仕打ちにキレた人々を描いているだけに見えたよ。

特別に「中国だから」という部分を感じない。ただの復讐バイオレンス。中国では公開不可とされたようだが、別に良いんじゃねという気がする。

ナイフもあるが主に銃を使用している為にどぎつさも少なく、映画全般で言えば大した事はない。むしろ、あっさりさっぱり。キレのあるアクションシーンが多い。

オムニバス形式を取っており、全体の尺としては少し長めだが、ダレる事なく観られる点は良い。逆に言うと褒められる部分はこれくらいしかない。

 

罪の手ざわり [DVD]

罪の手ざわり [DVD]