読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

半落ち (2003) [日] 佐々部清監督

認知症の妻を殺した元刑事の男を描いた作品。基本的な舞台が警察と裁判所なので刑事ドラマの色合いが強い。映画やドラマを見慣れた人ならこのあらすじを聞いただけで「見なくても分かる」作品である。

まず、大根役者に萎える。揃いも揃って大根。そもそも主役の男からして役者の才能はないだろう。役者が仕事をしていなくても出来の良い作品はたくさんあるが本作はそういうタイプの作品ではない。

映像的にもセオリー通り撮りましたというレベル。創造性のかけらもないカメラワーク。こんなの素人の私でも撮れる映像だ。

本作がつまらないのは認知症の妻を殺した元刑事の人間性がまるで描けていないからだ。本作の主題からすれば警察や裁判所などどうでもいいはずなのに、これらが主な舞台となっている時点で既に終わっている。刑事や検察官や裁判官などどうでもいい人たちに過ぎない。まったく要らない。

肝心の殺された妻の描写がわずか全体の1割程度というのも意味が分からない。対して、刑事や検察官は出ずっぱりである。こんなの要らない。何が言いたいのか分かって表現しているのだろうか。

主人公が頑なに明かさない秘密も事件と関係ないどうでもいい内容でありまるで意味が分からない。少なくともこの秘密を物語の軸とするなら本筋と関係のある内容にすべきである。

 

半落ち [DVD]

半落ち [DVD]