題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続

基本的にTVアニメは見ない事にしたのですが、実はこれだけは見ていた(書かなかっただけで隠していたわけではない)。知らない人も多いと思うけれど、タイトルに「続」と付いているようにこのTVアニメは続編です。

つまり、前作(2013年放映)があるわけですが私はそれも見ていました。結構面白かったのでこの作品だけはTVアニメだけれど続編が出たら見ようと思っていました。前作の感想では「変に飾らない。綺麗事で終わらせない。正直に語る。これはこれできちんと人間を描いたと言えるのではないでしょうか。」と、私にしては内容的にかなり高い評価をしていました。

ただ、作画はいまいちだったところ、今回は作画もグレードアップしてかなり良くなった印象です。「強弱のついた輪郭線で、多少ラフな感じ。頼りないというより、単に雑に思える事が多い。」といった事もなくなり、TVアニメとしては普通レベルの作画だったと思います。絵柄的には少し大人びた感じとなって、このあたりは個人的には前作の方が好きかもしれない。

内容的には、高校生の男の子が主人公の学園青春ドラマの形式で、この種のアニメ作品ではありがちな女の子キャラがわりと多く登場するタイプ。それも多少はあるけれど、いわゆる美少女キャラを「商品」にして売るタイプの作品とは違う。そもそもそういう作品だったら私は見ていない。

前作は、主人公のひねくれ思想が主な内容だったけれど、続編の本作はまるで別人のようにとてもいい人になっていたように思います。他人の悩みを解決する事が仕事の「奉仕部」に所属しているとはいえ、相手の言い分を素直に聞き状況を把握して冷静に対処する主人公の誠実さが際立っていました。特に何の見返りがあるわけでもないのに一生懸命「奉仕」する主人公は前作とは別な意味で胡散臭い人間として描かれていました。ちょっといい人過ぎるのではという気がします。

同じ奉仕部に所属する女の子二人も同様。主人公ほどではないにしてもやはり「いい人」。高校生の男女がこれだけ常時関わっていれば必然的に恋愛ドラマになるところ、本作はそういう部分にもあまり踏み込んで行かない。

事件が起りそうで起らないというか、そういう危ない橋は渡らない展開を常にしている。危ない事になる前にひたすら回避しているみたいな。このあたりは10代が中心の学園ドラマとしては随分大人びた展開に見えます。

実のところ、この回避展開が本作を鑑賞する上での醍醐味です。細かい相手の心情を読み取り空気を読んで行動する。メインの3人は常にこの「ルール」を守っています。決して相手を傷付けない代わりに自分も傷付かないようにする。これら繊細なやり取りが地味な展開であるにも係らず見ていて退屈しない理由だと思います。