読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

うさぎドロップ (2011) [日] SABU監督

漫画原作でアニメ化もされた作品の実写映画作品。祖父の隠し子を引き取り育てる独身サラリーマンの物語。

正直言って面白くなかったが、観ていて不快という事もなかった。少なくとも、子役を含めて俳優らの見た目や演技はさほど酷いわけでもなかったし、教科書通りの映像に、設定は最低限の説明セリフで何とか理解出来る。

本作で酷い部分があるとすれば、制作側のこの作品に対する意気込みがまったく感じられない点である。いったい、この作品を通して何を表現しようと思ったのだろうか。

このあたり、アニメ版の本作はむしろ傑作と言っていいほど、何が言いたいか、原作も含めて決して出来の良い作品でないにしても、その思いは伝わって来た。

しかし、実写版となった本作はそれがまったくない。原作の設定をなぞって「実写版のうさぎドロップを作ってみました」といった感じ。それ以上でもそれ以下でもない。

当然のことながら本作のテーマは若い独身男性と幼い女の子との純愛である。もちろん、本作も基本的な設定を全部作り変えて別の作品にしたわけでもないから、材料は揃っているのだが、それらがことごとく本来の演出と違っていたり、間違った解釈によって演出されてしまっているのである。

荒唐無稽の有り得ない設定であるのは元々。これは本作の出来の悪い部分ではあるが、それらに目を瞑って核心的な部分の理解に注力すれば少なくともそこそこ感動出来る類の作品である。しかし、これらせっかくの良い部分がうまく演出出来ていない為に、単に荒唐無稽の設定が気になるだけの作品となった。

 

うさぎドロップ [Blu-ray]

うさぎドロップ [Blu-ray]