読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

LIFE!/ライフ (2013) [米] ベン・スティラー監督

雑誌出版社の写真管理担当の男が表紙用の重要な写真を紛失した事から始まる冒険ドラマ。

現在ではプロカメラマンの多くがデジタルカメラを使用している中、特に昔の話等という理由の説明もなく、フィルム式のカメラを使用しており、よりによって必要な一コマだけ紛失というのもかなり無理やり感がある。

しかも、せっかく発見したフィルムを直接受け取ったのに確認もせず上司に渡し、雑誌に掲載されて初めて内容を知るというのも不自然だ。

主人公の妄想癖も写真管理担当という地味な仕事から生じているのだろうが、直接ストーリーとは関係しない為に、別になくてもいい設定なのではという気がする。

その割に、この妄想癖以外に特別個性のない人物でしかないから、興味を持ってストーリーを追う気にもなれない。

写真一つ紛失したくらいで解雇されるというのも意味が分からないし。いろいろと無理のある内容だ。どんな貴重な写真かと思うが、実際にはどうでもいい内容であるのにもがっくり来る。こんなのだったらいくらでも他の写真で代用が出来そうだ。

ただ、主人公の俳優は悪くないし、特に不快感を抱く人物でもなく、ストーリーも素直に展開して行き、いらいらする要素もなく、下品さもなく、グロテスクな映像があるわけでもないので、暇つぶしに観る分には悪くない作品かもしれない。