題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

トラップ (2014) [仏] ヤニック・セレ監督

戦場で地雷を踏んでしまった兵士の顛末を描いた戦争映画。90分程度の尺の短い作品で、内容的にも粗筋以上のものはない。

唯一の仲間とも争いになり一人地雷を踏んだまま取り残されるという設定。ラストまではそこそこ面白かった。爆発して終わるか助かるかの二択しかない。最後を見届けようという気持ちから視聴継続意欲はどうしても高くなる。

それ故にラストの展開は重要だ。ここで何かのアイデアがないと全てがパー。しかし、残念ながら本作には何もアイデアはなかった。これっぽっちもなかった。

拘束されている味方を助けるというエピソードはあるのだが主人公との関係がよくわからず会話も全くない状態。味方だから助けるのは当然にしても、理由がそれだけではお話にならない。

という事で、退屈せず観られる作品だが、最後まで観るとがっかりする作品でもある。あえて時間を割いて観るほどではない。

 

トラップ [DVD]

トラップ [DVD]