読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ルパン三世 (2014) [日] 北村龍平監督

クレオパトラの秘宝を巡って犯罪グループの抗争を描いたアクション作品。漫画原作だがアニメ化もされており日本では知らない人は居ないほどに有名な作品である。

しかし、それ故に原作やアニメ作品と比べられてしまう。そもそも実写化する意味が分からない。俳優や映像も原作やアニメ作品に似せる事に必死になっている事が窺える。いや、それだったら原作やアニメ作品を見れば済む話である。

私は、原作を知っていても映画は映画、別な作品として観て、別個に評価するタイプである。逆に言うと、これは原作を見て理解してくれといったような主張は言い訳として相手にしない。映画は映画作品単独で全て完結していなければならない。

そういう観点から本作を見た場合に一番良く分からないのは主人公であるルパン三世のポジションである。主人公は犯罪グループの一メンバーとして登場する。序盤では、他のメンバーを出し抜くようなシーンもあるが、特別に泥棒として優れているといった説明がない。メインとなっている秘宝も結局は手にする事は出来ていない。

意味もなく殺人を犯したり、約束事を破ったりするような人間ではないという事は示されているのだが、そもそも泥棒がそんな良い人でどうするのだろうか。だったら、人に迷惑をかけない生き方をするのが自然というものだ。それほどバカでも肉体的に劣っているわけでもないのだから。

主人公は数人のメンバーと組んでおり何か物凄い信頼関係が形成されているようなのだが、これもよく分からなかった。それほど普段から顔を合わせているようでもないし、命を預けるほどの関係というなら、それなりのエピソードで説明するべきである。

こういった人間関係が全て原作任せで、映画作品内ではまったく描かれていない。本作ではストーリー展開を淡々と説明しているだけになっている。だからつまらないのである。人物の心情が全くと言っていいほど描かれず、設定をセリフで長々と説明しているシーンがあまりにも多い。

アクションシーンも多いが、基本的なカメラワークが悪い為か迫力もスピード感もなく楽しめない。どうせCGを使用するならもっと派手なアクションがあっても良さそうだが、リアリティにこだわったのか中途半端になっていたと思う。

俳優も相当酷い。日本語を喋れない為の吹き替えは仕方がないのかもしれないがやはり違和感しかない。仕方がないというのは単なる言い訳であって正当化されるものではない。

話のネタに観てもいいが、正直がっかりする作品である。冒頭にも言った通り、素直に原作なりアニメ作品なりを見ればいい作品だ。

 

ルパン三世 Blu-rayコレクターズ・エディション

ルパン三世 Blu-rayコレクターズ・エディション