題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

アオハライド (2014) [日] 三木孝浩監督

女子高校生を主人公とした青春ドラマ。少女漫画原作の実写映画化作品。中学時代気になっていた男子と再会したヒロインの恋愛模様が中心のいかにも少女漫画臭い内容。

特段目新しい部分がなく、既にどこかで描かれているパターンの羅列が淡々と続く。ストーリーは王道だが、キャラクター描写はいかにも説明的で、本来個性的な人物たちが平凡な印象しか残らなくなってしまっている。

わずか二時間のドラマでヒロインがあっち行ったりこっち行ったり忙しく色んな人物たちと関わるので分かり辛い。いくら十代のドラマにしても落ち着きが無さ過ぎだろう。人物にしても物語にしてももう少しポイントを絞って描くべきだったと思う。

個々のシーン自体は悪くないのだが、全体として見るとブツ切りでまとまりがなく、一つの作品として結局何が言いたいのかよく分からなくなってしまっている。人物の個性が描けていない事もその原因の一つである。

俳優の演技は特に悪くないが、高校生というには少し老けている感じがした。これはしょうがないかもしれないが、大学生くらいに見える。この年代は2~3歳違うと見た目も大きく変わる。こういう部分は私はこだわって欲しいと考える。

特に深い事を考えずボケっと見るとか、俳優目当てで見る分にはいいかもしれないが、決して万人におすすめ出来るレベルの作品ではない。青春ドラマが好きな人ならそれほどハズレとは思わないかもしれない。