読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ウィークエンドはパリで (2013) [英] ロジャー・ミッシェル監督

映画

イギリス人老夫婦の結婚30周年記念パリ旅行記。細かい喧嘩をしながらも仲の良い夫婦といった内容。コメディではないが、シリアスなドラマというほどの盛り上がりがあるわけでもない。地味な作品である。

二人とも学校の先生というインテリ夫婦。金銭的にも余裕があるらしく、気まぐれで超高級ホテルに滞在してしまう。子供は皆独立してそれぞれの生活をしているといった設定。

細かい喧嘩も暇潰しの範囲で深刻さはないように見える。実際、次のシーンで仲直りしていたり、30年間も一緒に居ればこうなるのも必然だろう。そう簡単に別れる事はないのである。

ストーリーはひたすら細かい喧嘩と仲直りの繰り返しで平板だが、それが本作のテーマであるからしょうがない。この地味な展開こそが描きたい内容なのだ。これこそお互い分かり合えた関係だからである。

この良さが分かる人は少ないだろうし、ストーリー展開が面白くないのも事実であるから、万人におすすめするには無理のある作品だが、上品で静かな演出に好感を持つ人は多いだろう。