読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ジェサベル (2014) [米] ケヴィン・グルタート監督

映画

事故で車椅子生活となったヒロインを描いたホラー。この事故で夫とお腹の子供は死亡。それにしてもどうでもいい設定だ。これらはストーリーと何の関係もない。

別に車椅子のヒロインじゃなくてもいいんじゃない、みたいな。ヒロインの母親も既に他界しており、不吉なビデオレターを遺しているという。これもよく分からない。どんなビデオオタクなんだ。

唯一の身内というべき父親も突然キレて車椅子を捨てたり意味不明。悪夢にうなされて起きるお決まりのパターンの繰り返し。叫び声をあげて怖がるのは普通だが、本作の場合は怖がらせる化け物の方も叫び声をあげる。叫び声の応酬。もはやギャグの領域だ。

B級ホラーらしくまったく怖くない。ツッコミを入れつつ失笑しながら観る作品だろう。暇潰しにも厳しい駄作である。

 

ジェサベル *セルBD [Blu-ray]

ジェサベル *セルBD [Blu-ray]