読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

駅 STATION (1981) [日] 降旗康男監督

映画

オリンピックの射撃選手でもある刑事の人生を描いた作品。寡黙な主人公の為、静かな雰囲気である。ストーリー展開も平板で地味。

ぼそぼそ喋る俳優をひたすら格好良く見せる為の映像とシナリオにうんざりさせられる。30分くらいのイメージビデオでも作ればいい。見た目が良いだけの俳優なんぞに価値はない。

無口無表情の主人公からは何の感情も読み取れず、この主人公を通して何を伝えたかったのか。さっぱりである。淡々と職務をこなす主人公が突然退職したがるのもよく分からない。オリンピックの選手など辞めればいい。

映像はそこそこ良い。俳優も見た目は良いから絵になる。しかし、それはあくまで構図が良かったり雪景色が綺麗なだけで、内容があるわけではない。俳優のファンが見れば納得するのかもしれないが、その程度の作品である。

 

駅 STATION[東宝DVD名作セレクション]

駅 STATION[東宝DVD名作セレクション]