読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

バンクーバーの朝日 (2014) [日] 石井裕也監督

1900年初頭カナダに移住した日本人たちが野球を通して白人社会に認められて行く様子を描いた作品。実話に基づく内容。

例によって例のごとく史実をなぞっただけの駄作であるが、それにしても映像や俳優が酷い。下手なTVドラマでももう少しマシだろうといった感想が出て来る。

史実をなぞるだけの簡単作品なのだから、せめて映像や俳優はもっと頑張って欲しいものだ。無駄な空間が多く何の工夫もない汚い映像。大根役者という言葉がぴったりの棒読み俳優。見た目も大したものではない。

映像、内容ともにまったく面白いところがない。観るだけ時間の無駄である。せっかく、カナダを舞台に日本人が活躍するという新鮮味のある設定なのに、これだけつまらない作品となってしまうのは単純に制作者に才能がないからだろう。

 

バンクーバーの朝日 Blu-ray 通常版

バンクーバーの朝日 Blu-ray 通常版