読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ドローン 無人爆撃機 (2013) [米] リック・ローゼンタール監督

無人機でテロ組織を攻撃するアメリカの軍人たちを描いた作品。砂漠の小さな施設で無人機を操作する軍人二人が主人公である。基本的に仲は良かったものの、テロリストを攻撃する場面になって対立するようになる。

テロリストの家族とはいえ子供を巻き添えにするのはどうかといったそんな対立が続く展開。さすがに、1時間以上もやっているのでダレて来てしまう。もういいからさっさと攻撃しろとしか思えない。巻き添えがあっても目標を攻撃する事が重要であると納得させられる作品である。

個性のある人物が登場するわけでも、あっと驚く展開があるわけでも、俳優が良かったりするわけでも、映像が凄かったり、アクションシーンが面白かったりするわけでもない、ありふれたB級映画だが、期待を裏切らない結末ではある。

同時に、展開は見え見えの上に平板で途中で飽きてしまう。何かもう少し捻りを加えないと90分と比較的短い尺とはいえ間延びした印象になってしまうだろう。

 

ドローン 無人爆撃機 [DVD]

ドローン 無人爆撃機 [DVD]