読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

雪海 ゆきうみ (2015) [韓] キム・ジョングォン監督

水族館のダイバーと調香師の恋愛ドラマ。調香師が難病にかかってどうたらといったような実にありきたりの内容である。粗筋と言えばこれだけ。偶然出会って好きになって病気と分かった上での結婚。いわゆる純愛系である。

主役俳優はさすがに見た目はいい。見た目だけというほど酷い演技ではないが、特にこれといった部分もない。ごく普通。映像などの演出も普通。多少オーバーアクションなので分かり易いとは言えるかもしれない

メインの二人が殆ど画面に出ずっぱり。二人の関係を裂く人物も登場せず、障害と言えば病気の一点のみという、これもまた分かり易い設定である。ダイバーの両親は子供を病気で亡くした経験がある為二人の関係に反対だが、それも数分間のやり取りがあるのみ。成人同士で、親が反対と言っても強制力はないから、一種のポーズでしかない。

新味は全くと言っていいほど存在しない。まさに星の数ほど制作された恋愛ドラマの王道パターン。しかし、ここまで直球というのも現代の作品という事を考えると稀であり、むしろ一種の個性として感じられる。少なくとも私は素直な作りに好感を持って観られた方である。

とにかく嫌な人間が一人も登場せず、ひたすら純粋な内容に、たまにはこういった作品も良いのではと思わせるものはあった。観て損したとはならないが、王道過ぎる事を良しとするかどうかで評価は大きく分かれそうな作品である。