読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ラブライブ! The School Idol Movie (2015) [日] 京極尚彦監督

廃校の危機にある学校を救う為に結成されたアイドルグループの活躍を描いたアニメ。・・・だそうだ。少なくともこの劇場版を観ただけではそれが分からない。最初から海外でのライブを行う事になっており、相当有名なアイドルグループなのかと思っていると芸能事務所にも属していない、いわゆるローカルアイドル(劇中ではスクールアイドルと言われている)の類らしい。

実際、このグループの何が良いのか全く説明されないし、歌や踊りもさほど優れているとは思えなかった。そこはプロでないのだからこんなものだと納得出来なくはないけれど。だとしたら本作は何が言いたい作品なのだろう。

作画も劇場アニメ作品としてはあまりに平凡だ。ライブシーン以外はTVアニメレベルのクオリティしかなく線も危うい。おそらく、ライブシーンだけは描いている人も違うのだろう。作画の品質がまったく違う。その手をかけたと思われるライブシーンもTVアニメで上位のクオリティと言えるレベルでしかなく、劇場作品としては物足りない。映像だけで観る価値のある作品とは言えない。

スクールアイドルを題材にしているのだから、その価値を描かないと話にならない。しかし、本作の主人公らは最初からスクールアイドルの地位を確保している上に、その為にやるべき事が何も描かれていないし、他人がセッティングした舞台で歌ったり踊ったりしているだけなので、スクールアイドルの何が良いのかまったくわからない。

主人公らがスクールアイドルにこだわる理由も描かれていないので共感しようがない。本人らの感情が描かれていないのでは理解しようがない。どうして彼女らはこれほどスクールアイドルにこだわるのだろう。普通の全国的なアイドルには興味がないのだろうか。

アイドルグループというくらいだから結構な人数のメンバーがいるのだが、冒頭に数秒の説明シーンがあるだけで、個々の人物の性格がまったく分からず、名前を憶える事すら出来ず観終えてしまうといった感じである。主人公らしい女の子でさえ、どんな個性がある人物なのかよく分からない。それぞれの変な口調が印象に残ったくらい。

TVアニメのファンが観て喜ぶくらいで、それ以外の人は観る必要のない作品だろう。TVアニメの劇場版はこのような作品が多い。TVアニメのネームバリューを利用して稼ぎたいだけの映画である。観る価値はない。