読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

イグジスツ 遭遇 (2014) [米] エドゥアルド・サンチェス監督

人里離れた山奥に遊びに来た若者5人が未確認生物と遭遇するホラー。いわゆるビッグフットと呼ばれる怪物の話である。その怪物を車で轢いてしまった事から主人公らは付け狙われる事となる。

動画撮影が趣味らしく、作中の映像の大部分は主人公らの撮影した映像で構成されている。だから、映像が綺麗とかそれだけで鑑賞に堪えるといった類のものではない。むしろ、そっぽを向いた構図、ブレブレ、ピンボケ、のひたすら汚い映像ばかり。例によって見ていて疲れる映像である。

本作の場合はビッグフットだが、これがたとえば宇宙人でも未来から来た殺人マシーンでもかまわない。何か凶暴なものが襲って来るという設定さえあれば成り立つ内容である。

生死に係る非常事態にいちいちカメラを回すのもまたお決まりの不自然さ。いや、もういいよこういうのって感想しか出て来ない。ここまで来ると普通に第三者視点で映像撮ってくれと思ってしまう。それくらいにつまらない、見辛いだけの映像である。

オチも非常につまらなく、がっかりするものだ。結局のところ、何かセンセーショナルな映像さえあればいいんだろ、という安直な思想しかないから面白くないのである。

暇潰しには目が疲れるし、内容も面白くないし、映像や俳優も水準以下なので、観るだけ時間の無駄の駄作と言える。

 

イグジスツ 遭遇 [DVD]

イグジスツ 遭遇 [DVD]