読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

6才のボクが、大人になるまで。 (2014) [米] リチャード・リンクレイター監督

6才の少年の12年間に渡る成長を描いた作品。165分と少し尺の長い作品だが、山も無ければ谷も無いと言った感じの内容。素人の撮ったホームビデオのように暇潰しに観る分には悪くない感じである。

最初、随分自然に俳優が歳を取るなぁと思っていたが、途中からこれは本当に12年かけて制作されたのだと気が付いた。別な俳優を利用したり、メイクを工夫したりしてもここまで自然に老けさせる事は無理だろう。鑑賞後調べたらやはりそういう事だった。

しかし、本作の凄いところはこれだけ。俳優自体も平凡だし、映像も同じく、音楽が優れているという事もないし、あっと驚くような結末もない。笑えるわけでも涙を流して感動といった事もない。

俳優たちの自然な老け具合を楽しむというある意味では新しい作品である。これだけでもそこそこ楽しめるのは、12年かけて制作した作品の強みだろう。努力もそれなりに報われるという事か。

 

6才のボクが、大人になるまで。 [Blu-ray]

6才のボクが、大人になるまで。 [Blu-ray]