読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

シン・シティ (2005) [米] フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ監督

3人の男の復讐を描いたアクション作品。とりあえず適当な設定を作ってアクションシーンを描くという安直な内容である。やはり思った通り原作はコミックであった。演出がいちいち漫画チック。モノクロであるのも漫画を意識したものだろう。

だから、本作は深い事を考えずにアクションシーンを楽しむ作品である。眉間に拳銃を突き刺したまま喋る男とか、刀で自動車のボディ突き破るとか、首つり状態でブランコとか、いろいろあり得ないアクションに笑いながら観るタイプの作品である。

モノクロであるし、血液が白かったり黄色かったり、どぎついグロテスクなシーンも多いのだが、あまり気にならない。いかにも作り物といった感じの演出となっており、リアリティがないからである。

そういった作品と分かって観るべきであり、物語がつまらないとか、こんな事有り得ないとか批判するような人は最初から観ない方が良い。グロといってもあまりに現実離れしているので家族揃って観てもそれほど違和感ないかもしれない。

 

シン・シティ [Blu-ray]

シン・シティ [Blu-ray]