読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

悪魔の存在を証明した男 (2014) [米] デヴィッド・イァング監督

自分の妻が事故死したのは占い師のせいだと思い込んだ男がオカルトを否定する為に自身を実験台にするという話。

設定自体は良いのだが、その後の展開がひたすら退屈である。予想通り、悪魔に取り憑かれたり気が狂ったりとかそんな展開である。いや、だから何が言いたいんだという。制作者はこれを自分で観て面白いのだろうか。鑑賞中でもその疑問が常に頭をよぎる。

オカルトを否定している人間が逆に取り憑かれてやり返されるというのは良いのだが、オッサンがひたすら喚き散らすだけの映像なんて何が面白いのだろう。映像自体も安っぽい演出で目が疲れるだけのよくある子供騙し。こういうのは学生が趣味で撮影するだけにして欲しい。プロがお金をもらってやるものではない。

本当に面白い作品を発掘する為には、数多くの(駄)作品を観る必要があり、こういったどうしようもない作品も一応は観る事になってしまう。これは仕方のない事である。決して、つまらない作品をわざと観て批判したいわけではない。誰でも面白い作品が観たいに決まっている。

 

悪魔の存在を証明した男 [DVD]

悪魔の存在を証明した男 [DVD]