読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇・未来篇 (2015) [日] 石立太一監督

妖夢と異界士の戦いを描いたファンタジーアニメーション作品。1か月の期間を空けての二部作構成で公開されたいかにもなマニア向けアニメ映画である。当然のごとく本作を観ただけでは何も理解出来ない。

原作となるライトノベルやTVアニメシリーズを知っている前提である。私は、両方とも知らないが、本作を理解出来た。あまりにも既存のパターンにはまっているからだ。正直、観なくても感想が書けるレベルである。言うまでもなく、褒めているわけではない。

まず、作画だが京都アニメーションにしては大した事はないという気がした。作画以外に取り柄のない制作会社なのだからもっと何とかして欲しい。結局、TVアニメが限界なのだろう。劇場作品としてはごく普通レベルの水準でしかない。

内容的には、よくある少年向けファンタジー。突然少女が降って来て訳もなく仲良くなって悪と戦ってハッピーエンド。ただそれだけの事だ。山なし落ちなし意味なしである。

眼鏡フェチの主人公自体は良いのだが、それとファンタジー設定や人物関係、テーマなどとが全く関係ないから話が繋がらない。TVシリーズはそれなりに細かいやり取りが描かれているのだろうが(観なくても分かる)、本作劇場作品はそういった細かい部分を端折っているから一層意味が分からないのである(TVアニメ版も大差ないのだろうが)。何となく、人外のヒーローとヒロインが出会って仲良くなって意味もなく戦ってどうでもいい日常描写や寒いギャグがあってわけもなく丸く収まるという。だから何?という感想しか出て来ない。

妖夢であるから、又は異界士であるからどういう人生を強いられているとか、どういう点で良いのか悪いのか、更に本人らはどういう考えを持っているのか、そういった部分がまるで描けていないから興味が持てないのである。

そもそもが絵空事なのだから、まずはこの部分で興味が持てないと脱落してしまう。実のところファンタジー作品というのは難しいものなのだ。何しろ、現実にないものを説明して相手を説得しないといけないからである。現実に存在するものなら大した説明をしなくても説明が下手でもある程度は納得してくれるだろう。しかし、ファンタジー作品の場合はそういう手抜きは許されない。手抜いたら最後誰にも理解されない可能性が高いからである。

もちろん、ファンタジー作品にもある程度はファンタジー作品としての常識とかセオリーとか王道のようなものが既に出来上がっている為に、説明しなくても分かるといった事も存在はしている。しかし、それはあくまで鑑賞者の知識に頼った言い訳であり、現実世界の常識を説明せずに済ます事とは次元の違う話である。

物語作りの初心者はまずこれが分かっていないから、ファンタジー作品を書きたがる。現実の知識や経験が乏しくてもファンタジー作品なら書けてしまうからである。自分の想像でテキトーに書いても「ファンタジーだから」で言い訳出来るからだ。しかし、それは自分の理屈であって、相手が理解出来るか、面白いと思うかはまた別の話である。

大抵の場合においてそのように作られたファンタジー作品は面白くない。ただの独り善がりだからである。また、そのような作品を作ってしまうような人は大抵が無知であり社会経験にも乏しい。よって、主張にも説得力が出て来ない。この事も作品が面白くならない事の理由だ。無知、経験も乏しい人の話など面白いわけがないのである。

長くなったが、このような当たり前の事でさえも知らずに居る人は本当に多い。知っていればそもそもこのような作品は生まれて来ないが、アニメに限らず実写映画作品でも無数に存在している事からも明らかな事実である。