題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

脳内ポイズンベリー (2015) [日] 佐藤祐市監督

30歳の独身女を主人公としたラブコメ。二人の男との関係を脳内会議の模様を交えてコミカルに描いている。恋愛ドラマとしては同ネタ多数の内容で退屈。脳内会議を具体的に複数の俳優を使用して表現したあたりが新しい。

ジャンル的にはラブコメだろうが、本作の場合にはラブ2割、コメディ8割くらいな気がする。ラブストーリー部分は、ステレオタイプのキャラしかおらず面白味が微塵もない。そもそも主人公の人物像がいまいち説明出来ていないから感情移入し辛い。相手の若い男もこんな年上の女とホイホイ付き合い出すからストーリーの都合感しかない。

同時に二人の男と付き合うほどのモテる女のわりには30まで独身というのも不自然である。こういう部分でラブストーリーとしては落第点だが、単なるコメディとして見ればそこそこ楽しめる。

漫画原作という事なのでこんなものかもしれない。ある程度割り切って見れば悪くない作品と言える。