読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

NEXT ネクスト (2007) [米] リー・タマホリ監督

予知能力のある男が核爆弾テロを阻止しようとするサスペンスアクション。何でもいいが予知能力なんてものを簡単に信じてしまうFBI捜査官もどうかと思うし、彼に頼るしかないFBI自体もどうかと思ってしまった。いや、自分らで何とかしろよと。何百万人の命が~と言っているが、それこそ得体の知れない男に市民の命を任せるなよと。

2分先までの未来が見えるという事らしい。正確には、自分がどう行動するか考える事でその結果どうなるかが分かるという能力なのである。自分に関する事しか予知出来ない。だから、株価の動きとか競馬予想なんてのは出来ないという事なんだろう。

いまいち中途半端な能力なのに、任務は核爆弾テロ阻止になっているから違和感しかない。これで、彼が役に立つと判断したFBIの考えも納得出来ないから、更に違和感である。

ラストも投げっぱなし感しかなく、今までのは何だったのと言いたくなる。原作は短編SFらしいから、なるほどと思わせる。それだったらこの内容でいいのだろう。しかし、2時間近い映画作品だと納得出来ない人が多い気がする。

実はこうでした的なオチの為に2時間近くも付き合わされるのは、そうだったのかと納得するよりも不快感の方が強くなってしまう。結局何が言いたいのかもよく分からないから当然何の感動もない。

能力的にわりと地味だから、もっと地味なストーリーを作った方がこのSF設定には合っている気がする。主人公は結構な歳の大人だが、生まれつきというなら子供時代からこの能力があったはずだ。どちらかというと、子供時代にどのような生活を送っていたのか、そちらの方が気になってしまった。こんな能力があったら普通の生活は送っていないはずだろう。

 

NEXT -ネクスト- [Blu-ray]

NEXT -ネクスト- [Blu-ray]