題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ぼくたちの家族 (2013) [日] 石井裕也監督

脳腫瘍らしきものが見付かり余命一週間とされた母親と二人の息子、夫との関係を描いた作品。二人の息子は、既に結婚して子供も出来た兄と大学生の弟という構成。どちらかというとこの兄が主人公である。

何故なら治療費を払えるのが彼だけだからだ。夫は事業がうまく行かず収入はないも等しく、母親自身も借金まみれ。お金をめぐる争いが描かれるかと思うが、治療自体大した事が出来ないほど病気が進行していてそういう展開にもならない。

家族間の微妙な距離は上手く描けていると言えなくもないが、あまりに当たり前のやり取りに退屈。確かに現実的にはこんなものかもしれないが、そこはお話しなのだからもう少し脚色だの何だのがあってもいいだろう。

作品というのはリアルに描けばいいわけではない。リアルだから面白くなるわけでもないし、言いたい事が伝えられるわけでもないからである。この作品を観ていると常にこの不満が出て来る。

俳優もぼそぼそ喋る大根でイラつく。確かに家族間の会話はこんなものだろうが、繰り返しになるが、リアルだから良いわけではない。本作がつまらないとすればこの部分であろう。

非協力的に見えた家族らが結局は協力し合うというのも実際こうなのだろうが、そこは作品なのだから、何故そういう心境になったのか、過程を描くべきだろう。このあたりがすっぽ抜けているから共感も感動もない作品になっている。

家族が病気になってどうたらなんていうだけではストーリーは成り立たない。何かもうちょっと工夫した展開があってもいいだろう。あまりにストレート過ぎるのである。

 

ぼくたちの家族 特別版Blu-ray

ぼくたちの家族 特別版Blu-ray