読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

雪の断章 情熱 (1985) [日] 相米慎二監督

映画

7歳で自殺未遂。独身男性に拾われ育てられる。まるで犬や猫である。が、所詮はアイドル映画という事で納得しなくてはならない。当然のごとく演技も酷い。というか演技に見えない。何を表現しているのか理解に苦しむ。

通常、演技に見えないというのは褒め言葉であるが、本作のヒロインの場合は本心のように見えても意味が分からないのである。つまり、才能はあるかもしれないが基本が出来ていないのだ。

殺人事件が発生してヒロインに嫌疑がかけられるというのも取って付けたような設定。あとは、歌ったり踊ったりと印象的なシーンを繋ぎ合わせ、何とか映像作品の体裁を保ちましたといった感じ。

深い内容や感動のドラマなんて最初から期待していないが、アイドル映画としても失敗している気がする。野暮ったい印象はこの俳優の個性かもしれないが、衣装なども地味過ぎてパッとしない。個人的には決して嫌いなわけではないが、何かもうちょっと見せ方があったように思う。半端にまともな映画とか芸術路線を目指したのだろう。いや、そういう作品じゃないから。

主演俳優のファンなら観て損はない作品だが、そうでない人はまず観るだけ時間の無駄だろう。特に映画的に優れているわけでもないので映画ファンであっても特に観る必要のない作品である。映画ファン同士で語られる事もないだろう。

 

雪の断章-情熱- [VHS]

雪の断章-情熱- [VHS]