読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

野火 (2014) [日] 塚本晋也監督

第二次世界大戦末期のフィリピンを舞台に部隊を追い出された日本軍兵士を描く。シーンの殆どはジャングルと汚らしい兵士たちばかり。正直言って不快な映像しかない。

一応、戦争映画となるが、いわゆる戦闘シーンを楽しむ作品ではない。戦闘シーンも少しはあるが、それがメインではなく主人公となる一等兵の放浪がメインである。

食料も尽きたころ人肉を食べて生きながらえている同じく日本軍の兵士たちと出会う。具体的に人肉を食べるシーンもあり少々どぎつい。しかし、逆に言うとこれ以外は売りのない作品だ。

非常に限られた人々しか映さないこじんまりとした映像である。俳優たちも状況が状況だけに浮浪者のような恰好ばかり。ジャングルはジャングルでしかなく、お世辞にも映像だけで楽しめる要素はない。

監督自身が主人公として出演しているのだが、決して良い演技とは思えなかった。他の俳優たちも同様。薄汚れた格好で表情すらよく分からないほどだからしょうがない面もあるが。別にこの俳優じゃなくてもといった感想である。

作品である以上は主人公に好感を持ったり共感出来たりする必要があると思う。その他の人物に関しても同様。しかし、本作の場合は人物自体は殆ど描かれず、戦争の悲惨な状況を淡々と伝えているだけ。物語として面白味を感じにくい。少なくとも、主人公はもう少し心情的な部分を描いて欲しかったと思う。

本作のつまらない部分はこういうところだろう。戦争は悲惨です。人肉すら食います。では、報道やドキュメンタリーなど政治的メッセージにしかならない。つまり、事実を伝えているだけなのだ。事実を伝えるだけなら誰にでも出来る。それは芸術とは言わない。

一見して低予算映画だと分かる。限られた場面と少ない登場人物。本作はスポンサーが集まらず自主制作映画となったらしい。それにしては頑張っている。予算を多くかけてもつまらない作品はいくらでもあるからだ。観て損したとは思わないレベルを保っているところは評価すべきだろう。

 

野火 [Blu-ray]

野火 [Blu-ray]