読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

劇場版 「進撃の巨人」 前編~紅蓮の弓矢~ / 後編~自由の翼~ (2014) [日] 荒木哲郎監督

巨人と人間の戦いを描いたファンタジー作品。漫画原作でTVアニメ化、実写映画化もされた作品の劇場アニメ版。本作は、TVアニメ版をもとにした総集編という事らしい。

私はTVアニメ版を見ていないので新鮮な気持ちで観る事が出来たと思う。まず、設定説明がずさんと感じた。この辺りは実写映画版の方が親切に感じた。巨人の侵略を防ぐ為に防護壁を作りその内側で人間たちが生活しているというだけの設定とはいえ、そもそもこの壁どうやって作ったのとか、飛行機はないのとか、変なワイヤー兵器の仕組みどうなってるのとか、普通に大砲で倒せないのとか、兵士が少人数しか居ないのは何故なのとか、やたらに女の兵士が多いのは何故なのとか、いろいろ疑問がわいて来る。

特に壁建造の謎と戦闘方法に関してはいまいち納得が行かない。100年も侵略がなかったのに何故今になって突然侵略して来たのか。もちろんファンタジーだから何でもありだが、それにしても不自然な事が多過ぎる。いくら絵空事とはいえ観ている人間は普通の社会に生きている普通の人なのだから、何でもかんでもやって良いというわけではない。

主人公らが巨人になるのもファンタジーだからもちろんかまわないのだが、この理由付けが問題なのである。ストーリー展開には必ず理由が必要だ。これがいい加減だと誰も納得しない。だから何?といった感想しか出て来ないからである。

総集編という事を考慮しても人物の会話が不自然なのも気になった。これは、実写版を観た時にも感じた事であるが、そもそも原作からしてこうなのだろうか。実写版よりは少しマシだが、それにしても噛み合っていない変な会話が多過ぎる。やたらに絶叫が多いのもさすがに観ていて疲れて来る。

作画はTVアニメ版の総集編らしく品質は低い。TVアニメであればこれで十分だが、劇場作品としては中の下くらいだろう。特にここが不満というほど崩れているわけではないが、映像だけで満足出来るほどではない。強弱の付いた太い輪郭線はハードなアクションが主体の内容には合っているが、少々雑な印象も受けた。

特異な設定と巨人の造形は面白いから鑑賞意欲は続くのだが、逆に言うとそれに頼り過ぎて細かい設定や展開、演出が疎かになっている。だから主人公をはじめとして各人物にもあまり共感出来ないのである。個人的には主人公のエレンよりもミカサの方がよく描けていたと思う。彼女は一貫してエレンを守る事に全力でブレがない。家族を失いたくないという理由もとてもシンプルで分かり易い。

前後編合わせて約4時間。映画としては相当な長尺であり、よほど気合を入れないと観られないだろう。実際には原作やTVアニメ版のファンが観るくらいではないだろうか。やはり、映画として公開するなら総集編などではなく、きちんと一から作り直して映画として一般的な2時間程度にまとめるべきだと思う。

そうでなければ漫画やTVアニメ人気を利用して荒稼ぎしたいだけの作品と言われてもしょうがない。実際、こういう劇場アニメは多い。当然のごとく面白くない。