読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ガールズ&パンツァー 劇場版 (2015) [日] 水島努監督

戦車を使った「戦車道」がある世界での女子高校生同士の戦いを描いたファンタジー。2012年に放映されたTVアニメの劇場版。多くのTVアニメの劇場版と同じく、TVアニメを見ていないと理解出来ないタイプのファンムービーである。

本編は殆どと言っていいくらいに戦車同士の戦闘シーンで埋め尽くされているアクション主体の作品だ。映画的にはこれで間違いないが、登場人物が非常に多く主人公の説明すら殆どされない為、人物がただの人形にしか見えない。

戦闘も実弾を使用しているようなのに怪我人も死人も出ない不自然なものである。いや、本当は死んでいるのかもしれないが、これも説明がないのでよく分からない。しかし、主人公らの言動を見ているとそんなに深刻な様子でもないから、そういう想像が出来るという事である。

だから、戦車同士の戦闘と言っても緊張感はなく、戦争ゲームをプレイしている感覚に近い。戦車の挙動もどこかプラモデルのように軽くリアルな戦車の動きとは程遠い。戦車自体はきめ細かく描かれているだけに余計に不自然に見える。

これがディズニーアニメだったら、戦車を擬人化して自立して動くような設定にするところだろう。女子高校生を搭乗させて、いかにもリアル風に見せているあたりが日本のオタク向けアニメらしい。

人物もストーリーもまったく存在しないと言っても過言ではない。内容は全くない。ある意味潔い作品とも言える。いくらオタク向けアニメといってもここまで簡素な内容というのも珍しい。ただひたすら戦車同士の戦闘を描いているのだ。これはこれで新しい方向性とも言える。

しかし、これが面白いかというともちろんそうとは言えない。最初に申し上げたようにファン向けの作品であり、TVアニメも見ず、予備知識もなく、戦車や少女が好きでもない人が観たところで得るものは少ないだろう。上から見ても下から見てもオタク向けのアニメ映画である。