読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ヘリオス 赤い諜報戦 (2015) [中] リョン・ロクマン監督

映画

超小型核兵器が犯罪組織に盗まれた事から始まるサスペンスアクション。韓国が開発した核兵器を混乱に紛れて中国が横取り、香港は捜査みたいな。漫画やアニメだったら納得出来そうな内容。

有名俳優を起用してちょっと格好良いシーンを並べただけの疑似ハリウッド映画。まず、こんな感想である。この設定だったら変に理屈を追求してもどうにもならないから、アクションシーンに徹して欲しかった。確かに、アクションシーンはあるのだが、それを売りにするには今一つしょぼい。ちょっとお金をかけたTVドラマといった感じである。

長大なシリーズの第一話みたいな終わり方も、基本的に完結するはずの映画作品としては疑問を感じる。逆に言うと主人公を含めた人物達がばったばったと倒されるラストは斬新だ。何が言いたいのか全く分からないが。

いっその事、せっかく核兵器を登場させたのだから、最後に爆発して香港や中国が壊滅して終わる、といった結末なら世紀に残る怪作になったかもしれない。

続編前提なのか、もともと尻切れトンボの構成なのか、どちらにしても内容云々以前の問題があり過ぎる。さすがに私も途中で観るのを止めようと思ったが、とりあえず最後まで観て良かった。決して褒めてはいない。

 

ヘリオス 赤い諜報戦 Blu-ray

ヘリオス 赤い諜報戦 Blu-ray