題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ザ・ガンマン (2015) [米・スペイン・英・仏] ピエール・モレル監督

元特殊部隊の暗殺者を主人公としたアクション作品。主人公には気の強い恋人が居て仕事を理由に仲違いなど、ハリウッド映画のテンプレ大行進である。しかも、これだけ王道やっているのに面白くない時点で終わっている。

まず、主役の俳優が合っていない。体を張ってアクションやるには歳を取り過ぎだろう。なんだか私でも突けば倒れそうなジジイである。オッサンと言うのにも躊躇う年齢。遠距離専門のスナイパーというならまだ分かるがそういうわけでもない。

主人公からして薄っぺらいから、その恋人やら敵の人物たちも当然薄い。恐らく単なるアクション作品ではないという主張なのだろうが、これなら単なるアクション作品の方がまだマシだった。原題通りの邦題も手抜きに思える。

 

ザ・ガンマン [Blu-ray]

ザ・ガンマン [Blu-ray]