読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ロボシャーク vs. ネイビーシールズ (2015) [カナダ・ブルガリア] ジェフリー・ランドー監督

ロボシャークと特殊部隊ネイビーシールズの死闘を描いたアクションドラマ。ロボシャークとはUFOから投下された機械を飲み込んだサメが変身したものである。最後まで観ても何だかよくわからない。

辺り構わず攻撃して来るエイリアンのような存在である。一応、実写の作品だが、ロボシャークは完全にCG。安っぽい事この上ない。ロボシャークだけ別な作品から取って貼ったようなイメージである。

登場人物達もお前らお笑い芸人かとツッコミたくなる。一応真面目な設定やストーリーなのだが、演技はとてもそうとは思えない。演出家も半分はコメディを意識しているだろう。

テレビのバラエティ番組並の安っぽさ。あまりに酷いから、これはこれで話のネタに観てもいいのではと思わせる。映画ファン同士であれは酷いと話す分には良いが、普通の人がわざわざ時間を割いて観るべき作品ではない。

一種のコメディとして割り切って観るなら何とか許せるレベルである。しかしながらこのような多くの駄作の中から傑作が生まれて来る事も認識していないといけない。