読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

映画 暗殺教室~卒業編~ (2016) [日] 羽住英一郎監督

地球を破壊すると脅す謎のタコ型生物と中学生らの戦いを描いたファンタジー。例によって、なんで実写映画化しちゃったの系。アニメ化もされた漫画原作の作品である。その第二弾。

前作は暗殺者が次々と現れるというだけの内容だったが、本作はタコ型生物の出生の秘密などが語られて、通常二作目三作目となる度につまらなくなるところ、むしろ一作目よりも出来が良くなっていた。

といっても、そもそもがどうしようもない作品なので、まぁ、よほど暇なら観てもいいかというレベルである。何だか知らないけれどタコ先生と生徒たちの友情が芽生えてどうたらといった子供騙しの展開である。少年漫画にありがちなパターン。大人が観てもその薄っぺらさに耐えられない。

一作目を観てしまったので二作目も観たが、特別観る必要のない作品に変わりない。一作目と同様、出演俳優のファンなどでなければスルーで間違いない。