題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

シェル・コレクター (2016) [日・米] 坪田義史監督

沖縄の孤島で独り研究を続ける盲目の貝類学者。流れついた難病を患った女が貝の毒によって全快。一種のファンタジー。それにしても意味が分からない。

ファンタジーであれば、設定に関してリアリティどうこう言う事はない。ストーリー展開も理屈があれば問題ない。しかし、登場人物の心情や主張に関してまでファンタジーでは誰も理解出来ないだろう。

俳優は平凡だが、映像はそこそこ出来が良かった。ファンタジーと言っても、妖精やモンスターが出て来るわけではないが、この辺り少し非現実的という微妙な設定は面白かった。

特別に美男美女とかアイドルが出て来る作品でもないし、アクション系でもないし、裸は結構あるがそれが売りでもないし、ミステリーでも、スプラッタやホラーでもない。要するに地味な作品である。

まぁ、観なくていい作品だと思う。ハリウッド映画を観飽きて、ちょっと変わった作品で暇潰したいというのであれば合うかもしれないが、あえて時間を作って頑張って観る程価値のある作品ではない。