読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

料理長(シェフ)殿、ご用心 (1978) [米] テッド・コッチェフ監督

映画

アメリカ人パティシエの周囲で起る料理人殺人事件。ヨーロッパ各地を舞台に描くコメディ。人は死ぬがあっさりとしたもの。TVのバラエティ番組のような軽いノリである。

事件は女パティシエの周囲で起るが、料理系雑誌を出版している出版社を経営する男が実はメインである。彼は見るからに太っており、減食しないとあと半年の命と医者から宣告を受ける。

この時点で何となく犯人の目星は付いてしまう。しかし、本作は犯人探しやミステリー、サスペンスといった類ではなく、色んな料理やどうでもいい会話を楽しむ、TVのバラエティ番組のような感じで見るべき作品である。

制作側の思いも軽いノリの演出により理解出来る。ながら見でも十分のコメディである。特に難しい内容もなく、重苦しい雰囲気でもなく、不快な映像もなく、暇潰しに観るべき作品だろう。観終わってがっかりしてしまうほどには、最初から期待感もない作品である。

 

料理長(シェフ)殿、ご用心 [DVD]

料理長(シェフ)殿、ご用心 [DVD]