題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

火事です

夜中1時頃マンションの非常ベルが鳴っていた。

通常なら寝ているところ、土曜日だったので起きていて気が付いた。マンション生活も長いので全く焦らない。どうせいたずらだろうと思うからである。実際、この種のいたずらは年に1~2回は普通にある。

いたずらの場合、誰かがベルを止めて終わる事が多い。概ね5分くらいである。とにかくうるさいので我慢出来るのはこれくらいの時間だからだ。しかし、10分くらい経っても鳴りやまない。長いな。いい加減うんざりである。

これは誰も止めないパターンか。と思ったらついに消防車か警察のサイレンの音が鳴り近くに止まった。あまり長い間鳴っていると自動的に通報される仕組みだったような気がする。この時点ではまだ本当に火事だとは思っていなかった。

さすがにここまで来るとどちらにしても事情を聴かれたりするかもしれないし、外に出ないわけにも行かないだろうと着替えて玄関の外に出てみると同じように出て来た人が数人居た。面識は全くない。隣の人とも挨拶すらした事もないから当然である。

とりあえず下に降りてみるかと思っていたら、消防署の人らしき制服を着た人が慌ただしく走って来て避難してくださいと怒鳴って来た。私の部屋は4階だが、どうやら下の階で火事が起きたらしい。ウチのマンションはわりと低層の5階建てだが意外に平べったいというか、建物の敷地が広いのでどのあたりの下の階だろうと思ったが、とにかく下に降りてみた。

階段から降りて行く時に私の部屋のあるブロックとは別のブロックの3階あたりから微妙に煙が出ていた。何か焦げた臭いも結構する。これはヤバいと思った。実のところ私は火災保険に入っていない。

今のマンションは賃貸ではなく私が所有している。ここ最近購入して住み始めたばかりだ。賃貸だったら火災保険に入る事が義務付けられていたりするが。私は保険というものが大嫌いなので強制されない限り入らない。しかし、今度ばかりは入っておけば良かったと後悔していた。

一階に降りると、消防や警察の人が数人、マンションの住人らしき人が10人ほどいた。一緒に降りて来た人と一言二言会話したが、あとは無言。消火作業の邪魔との事でマンションから20~30メートルほど離れた場所まで警察官に移動させられた。正直ここまで遠くなると現場がどうなっているのか見えない。

しかし、建物の外側からは炎も煙も見えないから大した事ないんじゃないかと思っていた。少し寒い真夜中の細い道路でずっと成り行きを見守っていた。何がどうなっているのかさっぱり分からない。しかし、5分経っても10分経ってもTVで見るような大型の消防車とかも来ないし派手な放水も始まらない。

そうこうしている内に警察官と消防の人数人がやって来て問題ないので中に入っても大丈夫ですみたいな事を言う。ああ、やっぱ大した事なかったのかと安心するばかりでこの時は何も考えられなかった。

しかし、結局何がどうなったのかさっぱり分からない。下手をしたら自分の部屋まで火が回って部屋自体や中の財産が全て燃える可能性だってあったのに。少なくとも住人には説明があってもいいんじゃないのって、後から冷静になってから思った。その時はとにかく大した事なくて良かったという思いしかなかった。

数日後、マンション1階の掲示板とエレベーター内に、深夜1時頃3階○号室でボヤが発生しました火の元には注意してくださいなどといった取って付けたような薄い内容の張り紙がしてあった。しかも手書きである。せめて原因が何かとか怪我人は出たのかとかそういう状況説明があってもいいよなぁ。

要するに本当に大した事なかったという事なのだ。もちろんニュースにもならない。多分、該当の部屋の中が少し燃えただけなんだろう。土曜の深夜に30分ほどとは言え寒い外に避難させられた私ほか10数人の苦痛は誰が補償してくれるんだ?つーか、本当に避難する必要あったのか?うちのマンション総勢60数世帯入ってるはずだが、私含めて避難したの12~13人くらいしか居なかったけれど。