題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

教授のおかしな妄想殺人 (2015) [米] ウディ・アレン監督

本も出版している著名な大学教授とその教え子の学生との恋愛ドラマ。と聞くと実にありふれた感じだが、邦題のように殺人事件が絡んで来るあたりは新しい。

生きる意味を見失った一種のうつ病の男が正義の為の殺人を決行する。対象となる人物は利害関係のない全くの第三者。相手も主人公の事を知らない。

使用する毒薬の入手方法にしても飲ませ方にしても相当無理やり感はあるが、まぁ、これは許せるレベル。しかし、犯行を知られ邪魔になった教え子の女子学生の殺害方法は更に無理やり感があり、もう少し何とかして欲しかった。

大学教授という設定で説明にはなっているが、キレ者の学者という事を表現するのに、学生に「キレ者」と説明させたら駄目だろう。それを本人の言動で伝えるのが芸術であって、そのまま第三者に説明させるのは芸術とは言わない。

いかにも気難しそうな風貌と演技で俳優は悪くなかったと思う。ステレオタイプと言えばそれまでだが、とりあえず分かり易い。それに惹かれる女子学生の方がむしろ分かり辛かった。自分の父親くらいの年代だろうに。恋愛対象になってしまうものなのか。

本作はコメディのジャンルに入れられている事が多いが、別にくすりとも笑えない。女子学生の殺害を失敗するくだりはあまりの手際の悪さにちょっと笑ったけれど。あえて言うならこの部分がコメディかもしれない。

個人的には嫌いではない作品だ。正義の殺人を妄想するだけでなく実行してしまうあたりや、第二の殺人を失敗するくだりなど。結構悪くないと感じた。他人におすすめするレベルかというと微妙だが。