題名はありません。

主に映画の感想を書いているブログです

ブルックリン (2015) [アイルランド・英・カナダ] ジョン・クローリー監督

1950年代。アイルランドの田舎町から単身アメリカの大都会に渡る事を決意した少女を描いた青春ドラマ。ヒロインもどこか田舎くさい外見と大人しい性格でまさしくステレオタイプの見本である。

それでもいかにも人の好さそうな主人公には好感を持って観る事が出来る。ゆっくりとしたテンポも分かり易い。15分くらい目を離しても問題ないくらいである。逆に言えば物凄く平板なストーリーだ。

しかし、それも彼女が故郷に戻るまでだ。せっかく新天地で恋人を見付けて問題なく上手く行っていたのに、何故か故郷へ帰るとその恋人の事などすっかり忘れて昔の友人と恋仲になってしまう。意味不明である。

これは演出が下手としか言いようがない。ストーリー自体はそんなにおかしいわけではない。距離が離れてしまった為に気持ちも離れてしまうという事はよくある話。しかし、本作はその説明をきちんとしていない。これではヒロインがただの尻軽女に見えてしまう。もちろん本来そういう人物ではない。だから納得感がないのである。

また、再度故郷を旅立つ動機もあまりにこじつけ過ぎである。大人しくて頭も良いという設定の主人公の割には行動が感情的過ぎて違和感を生じるのだ。こういうのを「ストーリーの都合で動かされている」と言う。こういう事をしてしまうと生きた人間として思えなくなり、共感も感動もないストーリーになる。

本作はこういう肝心の部分で失敗している。むしろ、どうでもいいシーンは逆に演出も良く出来ていて妙な感じだ。だから全く楽しめないかというとそうでもない。良いシーンもいっぱいある。特に前半、主人公が故郷を旅立ち恋人を見付ける辺りまでは大変良い。この部分を観るだけでも価値はあると言える。それだけに後半の展開のがっかり感が半端ない。

映像や俳優も決して悪くないし、基本的な設定もいたって普通。しかし、作り込みが今一つ甘かった。そんな印象である。